私は半年間、児童福祉施設に事務員として派遣されていました。
そこの理事長は、幼少時、児童福祉施設にいた頃、養女として引き取られ、
自分と同じような境遇の子供達の世話をしたいという崇高な思いから、
その児童福祉施設を運営していました。

私の派遣されていた児童福祉施設は市内に何ヶ所もありましたが、
新しい施設を建設する計画が出来る度に、
銀行の融資担当の方が事務所にやってきました。

事務員の私が見る限り、自己資本というのは微々たるもので、
施設の建設資金及び運営資金の殆どが、銀行からの融資でした。

私は、ここまで多額のお金を借りてでも、
これからも児童福祉施設を作り続け、
自分と同じような境遇で育った子供の世話をしたいという、崇高な志を持った理事長を、
尊敬をしてはいましたが、
自分がもし理事長の立場になったとしたら、
銀行からの融資であるとは言え、
とても何億もの借金を抱えて、
毎日ニコニコ笑って生活などしていられません。

理事長がいつも言っていたのは、
「経営者なんて、いかに銀行から上手くお金を借りるかよ。」
私はその言葉を、ただ黙ってニコニコしながら聞いているしかありませんでした。

いまは正社員として勤務しているのですが、以前の勤務先を退職した後に、1年間、契約社員として勤務した事がありました。
その以前の勤務先を退職したのが前年の11月末でしたので、翌年の6月に、住民税その他、請求が来ます。それが結構莫大な額で、30万円近くも請求が来たのです。

色々あって貯金がほとんどなく、新しい契約社員としての勤務先の最初の給料日まで持たせるので貯金も底をついてしまっていたので、この時は本当に参りました。
もちろん、30万円近くは分割払いで支払い票が区役所から届いているのですが、いずれにしろ生活がカツカツで、また貯金もしなければ生活を立て直せないし、どうにもなりません。

仕方がないので、いつも使用しているクレジットカード2枚を使って、限度額いっぱいまでキャッシングして、その住民税を払いました。
いくら納税は国民の義務であるとはいえ、なんだか納得がいかなかったです。そんな思いまでして支払うのはちょっとオカシイ。区役所に減免の措置はないのか問い合わせましたが、
剣もホロロで全然、受けあって貰えません。借金までしてなくなく払った住民税。キャッシングの苦い思い出です。

私が始めてお金を借りたのは、高校時代の事でした。
アルバイト代が受給されるまで、あと1週間程残っている時に全財産が100円も無く、何もできない状況でした。
当時親は厳しく、金銭面で頼れるはずもなく、軽い気持ちで友達に3000円を借りました。
そのお金は給料が入ってすぐに返したのですが、それから何度が金欠になるたびに、友人にお金を借りて過ごしていました。
気が付けば1万円を借りるぐらいになっており、友人から「もうお金を貸すのは最後な」と言われてしまいました。

しかし、私はまた別の友人にお金を借りる事になりました。
何時の日か、お金がなくなっても誰かに借りれば良いと、そう思う様になっていたのです。
それからも変わらず、お金を借りる癖がついたまま年を重ね、今現在20代前半の歳になりましたが、借金は50万程溜まっております。
少しずつは返済しておりますが、今の生活になれてしまっているので、なかなか脱却できないでおります。
今の借金が無くなれば、もう軽い気持ちでお金は借りないと思ってはいますが、難しい事だと思います。
債務整理