借金を減らす事の大切さと大変さ

私が始めてお金を借りたのは、高校時代の事でした。
アルバイト代が受給されるまで、あと1週間程残っている時に全財産が100円も無く、何もできない状況でした。
当時親は厳しく、金銭面で頼れるはずもなく、軽い気持ちで友達に3000円を借りました。
そのお金は給料が入ってすぐに返したのですが、それから何度が金欠になるたびに、友人にお金を借りて過ごしていました。
気が付けば1万円を借りるぐらいになっており、友人から「もうお金を貸すのは最後な」と言われてしまいました。

しかし、私はまた別の友人にお金を借りる事になりました。
何時の日か、お金がなくなっても誰かに借りれば良いと、そう思う様になっていたのです。
それからも変わらず、お金を借りる癖がついたまま年を重ね、今現在20代前半の歳になりましたが、借金は50万程溜まっております。
少しずつは返済しておりますが、今の生活になれてしまっているので、なかなか脱却できないでおります。
今の借金が無くなれば、もう軽い気持ちでお金は借りないと思ってはいますが、難しい事だと思います。
債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です