連帯保証人の問題

連帯保証人になってしまった職場のある第三者は、さんざっぱら多いと思われます。中小企業白書によると、我が国には中小企業が419万社ほどあります。後で「小型企業」が約366万社を占めます。中小企業の「内側」あたりでは主軸バンクから流用を受ける際に社長ヤツの個々裏付けを無くなる率が6割程度のようですが、小型企業ではこれが8割以上に跳ね上がります。結果に出てこない自営業ヤツにいたっては、100パーセンテージ身近が個々保証していると思われます。ここで言う個々裏付けは、押しなべてが連帯保証人を意味します。ただの裏付け第三者と違い、連帯保証人は反発の隙間が非常に早く、実質的に主債務ヤツと総じて同等の任務を負います。
債務整理の解説はこちら

中小零細企業の社長だけではありません。親せきやそれぞれそばという第三者が連帯保証人になっているケースも多々あります。また、月賦の連帯保証人以外にも、わが家やアパートの賃貸借加入で連帯保証人を要求されることがよくあります。全国で賃
貸物件に住む一家数字は2000万一家ほどあり、こういう中で、市街地に住む人のかなりの率が、肉親に連帯保証人になってもらって契約していると思われます。連帯保証人に対する公式な結果がないので(これも問題ですね)、はっきりしたことは言えませんが、だいたい、月賦って不動産賃貸借といったその他(借り上げや奨学財貨やFC参加職場加入辺り)を合わせると、予知1000万人以上の第三者が、何かしらの連帯保証人になっているのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です